親子ほど年が違う大人の味を知る

自分は結構熟女好きです。
しかし、熟女といっても35歳前後しかまだ経験がないです。
申し訳ないですが20代半ばの私にとってはその年齢は熟女なのです。

知り合いにまだまだ甘いよ!
本当にすごいのは40代以降だよということで先日出会い系であったのはなんと自分と親子ほど年齢が違う方です。

しかも人妻。
40代後半です。写真を見てもやはりその年齢だなという感じがしました。

平日の夕方に待ち合わせということですが彼女の仕事でだいぶ待たされました。
それは仕方ないです。
食事をした後は「時間ないからもういっちゃおうよ?」ってことで即ホテルです。

「あたしみたいなおばちゃんでいいの?」
「いいんです!それより旦那は大丈夫ですか?」
「もういいのよ!子供は大きくなったし、お互い好きなことやってるのよ!あっちもやってるから気にしない」

結婚って恐ろしいなと思いました。
シャワーを浴びてベッドへ。キスをするとすぐに舌を入れてきます。

その舌テクにすぐに自分は理性が飛びました。
彼女の胸を揉みつつ脱がして行きました

「気が早いよ。。。でもうれしい」
彼女の胸は年の割には垂れていない。
乳首を手のひらでこねながら揉むと「ああーーん!」と彼女がもだえます

今度はパンティーの上からクリトリスを触ります。
「あああ!うん!あは!」
それを続けてると一気に濡れてきました。

「あなたのも!」

その後はシックスナイン。
じゅぷじゅぷじゅぷといやらしい音を立ててしゃぶってきます。
今までのフェラの中では一番かもしれない。

頭の中は入れたい入れたいでした。
我慢できずに彼女を押し倒して挿入しようとすると「ゴムしなくていいからね!」
もちろん最初からそのつもりです。

最初はゆっくりと腰を動かしました。
時折奥まで強くつきます・

「ああああ!それいい!!!もっとして!!!」
そこそこ胸が大きいので揺れてる光景もなかなかいいです。
どんどんスピードアップしていくと「さすが若い!いいわあ!」

彼女の要望に応えて自分は必死に腰を動かしました。
彼女がいくいく!といってしがみついてくるとそれに興奮して中出ししてしまいました。
彼女の中でどくんどくんいっているのがわかります。

「中に出したのね・・・」
「え?だめだった???」
「いいのよ!中に出してほしかったから!まだできる?

結局その後は3回連続で愛し合いました。
熟女というと攻めが好きなイメージがありましたが彼女場合は違いましたね。
でもやはり床上手だなって感じがします。
考えてみると自分は親子ほど年齢が違う人にタメ口だった。

まあいいか・・・・

アフィリエイト