Jカップ熟女とsex旅行ほろ酔い逆拘束プレイ編

Jカップの人妻熟女「杏」さんと不倫旅行つづきです。
宿に着くとすぐに家族風呂に入りました。
半露天なので周りに聞こえると承知ししつ、一発目のセックスで中出しをしました。

部屋に戻って夕食を食べました。
料理はおいしいし、お酒もおいしい。
熱燗を飲んでいい気分になりました。

だんだん杏さんの浴衣がはだけて豊満なおっぱいが見え隠れします。
「もう我慢できなくなったの?こっち行こう???」と布団へ誘導されました。
後ろからキスをしつつ、浴衣の中に手を忍び込ませて爆乳をもみました。

手にあまる大きさのおっぱいはなんど触っても感動。
「シンくんほんとにおっぱい好きねえ!」
「だって大きすぎて・・・」

私は次第に杏さんのあそこへ手を伸ばしてきました。
もうすでにしまっている。
指を入れると彼女が軽くあえぎました。

「まだあせっちゃだめよ?今度はこっちね!」
杏さんは浴衣を脱いであと、なんとその紐で私の腕を縛ったのです。
何をするのかとときどきしながら仰向けになる。

全身をリップしてくれて思わず声がでちゃいます。
「はさんであげるからみててね」
自分の愚息が飲み込まれていきます。

酔っているせいかおっぱいはいつも以上に暖かくて気持ちよかったです。
上下左右に揺すられて口も同時に使われる。
挟まると同時にバキュームフェラに出ると言ったと同時に口の中に発射しちゃいました。

「もう!だめよ!いきそうならもっと早くいわないと・・」
「ごめんなさい」
「いいのよ!今度はあたしのなめて」

彼女のあそこが目の前にきます。
顔面騎乗ってやつです。
一周懸命なめました。

なめてもなめても出てくる愛液。
「もう我慢できなくなっちゃった!入れちゃうよ」
まだ拘束されたまま騎乗位。

暖かくてぬるぬるして柔らかいのが私の愚息を包みこみます。
最初はゆっくりと動いてた杏さんですが徐々に激しくなっていきます。
上下に激しく揺れる爆乳、ぱんぱんと肉のぶつかる音。

「シンくんのおっきい!子宮がノックされてる!もっと動くよ!」
そう告げるとますます激しくなってきました。
ただ杏さんに身を任せます。

気持ちよすぎて溶けそうな感覚です。
杏さんは大きいストロークで攻めてきました。
「もうやばいっす!そんな攻められたら!」
「いいよ!今日は好きなだけ中出して!」

ぱんぱんぱんという音と、自分と杏さんの喘ぎ声。
揺れるおっぱい。
「で・・・でるうう!」というと止めとばかりに激しい腰使い
それに耐えきれずに中出ししました・

「すっごい!!3回目なのに大量!奥まで精子届いているよ!」
朝まで何回やるのか?
とにかくもう夢中です。

アフィリエイト