Jカップ爆乳熟女のパイズリフェラと高速騎乗位からの中出し

出会い系でアポを取ったJカップの熟女との関係の続きです。
バスルームでパイズリで抜いてもらったあとは、ローションファックで二連続中出し。
パイズリはパイ圧が強く、名器。

3回ともすぐに果ててしまいました。
今度は、ベッドの上で続きです。
モデルの杏に似ているということで杏さんということにしておきます。

杏「続きを始めましょ?」
杏さんがタオルを取るとJカップの爆乳が揺れて登場です。
それを見て自分はすぐに飛びついてしまいました。

バスルームではじっくりと触っていなかった。
少し垂れていますが柔らかくて弾力がある。
これではパイズリされたらすぐに果ててしまうのは無理ないと思いました。

杏「あん!がっつきすぎ!」
その言葉にも興奮して乳首をなめたり、顔を埋めたりしました。
彼女はキスをしてきて抱きついてきました。

柔らかいのが胸元に当たる。
杏「また挟んであげよっか?」
自分は元気よく返事をしました。

自分は横になって彼女は私の下半身を支えました。
そして爆乳に飲み込まれていく
唾液がローションかわりですがまた違う気持ち良さ

同時に今度は彼女は口を使ってきました。
柔らかいおっぱいと暖かい口の中を同時に味わう。
じゅぽじゅぽといやらしい音を立てる高速パイズリフェラに耐えられるわけがない。

「ああああ!でる!うう!」
口の中に出してしまいました。
出している間も彼女はおっぱいでしごく。
彼女はそれを飲み干します。
「すみません。。。また・・・・」

杏「いいのよ!またいっぱい出したねえ。今日は何回出せるかな?今度は私のなめて!」
彼女のあそこはすでにぬれてました。
それを舐め取るように舌を・・・

杏「あん!それ気持ちいい!」
そしてしゃぶったり、舌を入れたりすると彼女は声をあげてますます湿っていきます。
杏「もう我慢できない!いれちゃうよ!」

彼女を私を仰向けにさせて騎乗位で挿入してきました。
入った瞬間にお互いに声をあげましたが明らかに私の方が大きいです。
最初はゆっくりと腰を上下させてきて膣全体が包み込んできました。

体が溶けそうなほど気持ちいい。
うねうねしたのがぎゅっと握ってきてそれだけでも十分でした。

杏「ここから本番よ!」と告げると喘ぎながらスピードアップ。
Jカップの爆乳の揺れもスピードアップしていきます。
杏「ちんちんが当たって気持ちいい!あなたも腰使って!!」
リクエストに応えて自分も腰を使う。

その動きに合わせておっぱいが動く。
ぱんぱん、くちゅくちゅといやらしい音が部屋に響く。
「で、でちゃう!」
杏「いくの?我慢しないで中出して!トドメ刺してあげる!」

そう告げると一気にスピードアップしてきました。
高速で膣にしごかれて弾けました。
「うぐ!いぐううう!で、でるうう!!」
情けない声を出して本日5回目の射精をしました。

杏「あん!早い!」
あんなに高速で動かれたら無理です。

杏「抜かないでそのまま続けよ!ちょっと体起こして???」
「はい!」
体を起こして杏さんと向かい合うような体勢になりました。

杏「おっぱいが目の前にあった興奮するでしょ?」
杏さんが再び動くと目の前で爆乳が揺れます。
自分は思わずそのおっぱいに顔を埋めたり、舐めたりしてしまいました。

杏「がっつきすぎ!でも、気持ちいいよ!」
杏さんが感じるたびに膣内もぴくぴくと反応してうごめきます。
前の体勢と違って腰を動かしやすい。

また杏さんに動きが激しくなって「またいっちゃんでしょ?中にだして!あん!!あああ!いってーー!!」
爆乳が揺れるを見ながら再び中に放出しました。

杏「抜かないで?続けましょ?」
いったい何回やるのか???

続く

アフィリエイト