でぶだけどやばすぎる名器になんども果てる

出会い系であったぽっちゃりを超えた加奈子。
あってカッガリはしたけどいざ合体すると彼女は名器過ぎてちょっと腰を動かされただけでいってしまいました。元ソープ嬢だけあって男を興奮させる術もお持ちです。

今度はベッドへ移動して前戯を終える。
「今度は正上位できて」
そういうと彼女は股を開いた。
「ほら!もうとろとろだよ!ここに入れて」

彼女のいわれるがままに挿入した。
その瞬間彼女と俺は一緒に快楽を声をあげた。
「もっと動いて!」とそういうと彼女はしがみついてきました。。

彼女はぽっちゃりのせいなのかあそこだけでなく、体全体が気持ちいい。
柔らかくて包み込まれる感じがする。でぶ専の気持ちがわかりました。

リクエストに応えて自分なりにがんばって腰を打ちつけました。
「気持ちい!生ちんこ気持ちいい!奥に当たる!」
彼女が感じてくれてると思うとまた射精感が出てきた。

これはやばい。
一回抜いて態勢を変えようと思ったら足を後ろに組まれた。「我慢しないで!いきたかったらいって!」

そういうと彼女は腰を使ってきました。
動いてなくても気持ちいい名器。
ぬるぬるしたあそこはペニス全体を包み込んでくる。

さっきより明らかに気持ちいい。
「うがあ!気持ちいい!で、でるう!」
「いいよ!きて!ザーメンだして!」
うねうねと動く膣内と腰の動きにまた大量に出してしまった。

「あん!中でぴくぴく!どくどく!」
「名器過ぎ・・・」
結局5分も持たずに出してしまいました。

出してからもすぐに復帰しました。
彼女のがうごめいてくるからです。
「もっとしたい?」
「うん」
「もっと中に出したい?」
「加奈子の中に出したい」
じゃあこのまま抱き合ったまましよ!

なんと抜かずにそのまま三回戦。
2回出しただけあって今度はすぐにいきませんでした。
今度は腰を振る余裕ができきた。

加奈子も明らかに感じている。
「あん!あふう!固いの当たる!うまいよ!」
俺の下で彼女の肉体全体が揺れる。

その光景に興奮した。
でも、ゆっくり動いた方が気持ちいい。
体力はある方じゃないのもありました。

「もっと奥までゆっくり動かしてみて」
彼女のいわれるがままやってみると暖かいぬるぬるした壁がしめつけてきた。
まるで生き物。

いきそうになると動きを止めた。
彼女ともっとつながっていたかった。
しかし、それでも限界はきました。

「もういく!!」
そういうと加奈子はまたしがみついてくる。
それで一気にこみ上げてくる。

「奥に出して!子宮にいっぱい!」
彼女の要請に応じて一番奥に押し込んで射精した。
またうねうねと締め付けて搾り取ってくる。

呻き声を上げてまた大量放出しました。
「すごい。ザーメン奥で弾けて全体に染み渡ってる!あつい!」

ちょっと休憩してしゃべったあと
まだ退室まで時間あるからもういっかいようとと今度は騎乗位でいれてきた。彼女の絶妙な腰使いにまた5分持たずに射精していまいました。

また抜かずにそのまま騎乗位でもういっかい。
今度は密着されて耳元でいやらしい言葉もいわれる。
「加奈の中で気持ち良くなって・・・好きなだけ中出して!」
その言葉に一気に爆発して5回目の膣内射精をしました。

ルックスは良くないけど太っている子ってこんなに具合がいいものなのか
ブス専でぶ専になってしまうかもしれません。

アフィリエイト