パツキン!パイパン!極上フェラテクの外人との出会い

自分は以前から野望を抱いていました。
外人としてみたい!
学生の頃から外人には憧れています。

なぜかというとおっぱいが大きくて綺麗。
そしてエッチがうまいという印象。
実は出会い系登録してからずっとアプローチしてましたがことごとく撃沈!!!

でも、ついにアポが取れたのです。
彼女とは長くメッセージのやりとりをしていましたが日本語がうまい。
普通に日本語でやりとりしてました。

念願のアポ。。。。
そしてついに現れる。
写真の通りの美人で明らかに巨乳とわかる。

最初はレストランで話しました。
日本語がうまいのは大学時代から日本に住んでいたからだそうです。
留学生として日本の大学に入学して卒業してそのまま就職。

彼女は30歳です。
レストランでお酒を飲んでお互いほろ酔いになったところでホテルへ。
印象としてはあまりすけべそうじゃない。

一緒にシャワーを浴びることにしました。
全裸になった彼女は美しい。
色白で大きいおっぱい。
そしてパイパン。

お互い洗いっこしました。
すけべそうじゃないとのことでしたがそんなことはない。
彼女はおっぱいで愚息を洗ってくれました。

「きもち良いですか?」
「きもち良いなんてもんじゃない!」
ソープランドみたいだ。

今度はフェラをはじめてこれがやばい。
さすが外人。
長い舌が絡んできてそして奥まで吸引される。

じゅほじゅぽといういやらしい音と俺の情けない声がバスルームに響く。
もったいないけど外人のフェラで行くのは夢でした。
それにしてもきもちよすぎ。

もう限界がきて「でるうう!!!」というと彼女はスピードアップ。
私の手を抑えて高速バキューム。
ジュポジュポという音の感覚も早くなってそして「ん!ぐううう!で、でるうう!あ!」と情けない声をあげて彼女の口の中に発射しました。

どっくん!といっているのがわかりました。
勢いよく発射してさらに彼女はゆっくりとストロークして吸引する。
そして彼女が出されザーメンを手の平に出す。
自分でも恥ずかしいくらい大量でした。

「そんなに気持ちよかったの?こんなに出されたのはじめてよ」
「今までのフェラで一番だったよ!久々にフェラでいった」
「うれしいわあ!」

今度へベットへいきます。

アフィリエイト