年上のお姉さんをいかせて濃厚な中出し

出会い系サイトで知り合った陽子さん
初体験で2連続で中出ししました。
つながったまま抱き合いました。

「すごいわね。大輝くんの暖かい精子でいっぱい。中に濃いのがのこってるわ!』
「まだできるでしょ?」
「まだできます!」

「いい返事!もっと精子で子宮をたぷたぷにしてね!」
「はい!」
「今度は私がしたになるわ!』
私が一回抜こうとすると「だめ!せっかく出された精子がこぼれちゃうから!」抜いちゃだめ!
陽子さんのつながったまま態勢を変えて正常位になりました。

「最初は抱き合ったまましよ?」
そういうと陽子さんはしがむついてキスしてきました。
舌が絡み合う濃厚なキス。

陽子さんのおっぱいが当たって気持ちよかった。
ゆっくり動きながら陽子さんのおっぱいに顔埋めた。
乳首をしゃぶったり、鎖骨を舐めたりした。

「あああ・・・大輝くん!かわいい!!」
ゆっくり動かしているうちに私の愚息は復帰しました。
「さすが復帰するのはやいね!動いて!あたしのマンコを大輝くんの硬いちんこでついて!」陽子さんは腰をくねらせて懇願してきました。

私はどう動かしたらわからないけどと腰を振りはじめました。
暖かいぬるぬるの肉壁がペニス全体を愛撫してきます。
「うあ!陽子さん・・・気持ちいい!!!」
「あ!あ!大輝くん!それいいよ!ついてええ!」
陽子さんはしがみついて懇願してきます。

だめだ!しがみつかれたらまた早くでちゃう!
こうなったら体をおこして陽子さんの足を持って激しく突きました。

「はぅ、んっ!あ、あ、あぁぁぁっ!ん、ん、んっ!気持ちいいよ!」
ぱんぱんぱん!という音に合わせて陽子さんの巨乳が波打つように揺れます。
暖かいぬるぬるの肉壁がペニス全体を愛撫してくる

「うあ!陽子さん・・・・」
「もっと動いて!!!」
私は言われた通りにがむしゃらの腰を動かしました。
「あ!あ!大輝くん!それいいよ!もっと激しくついてええ!」
俺が陽子さんを感じさせてる!自分はリクエストに応えてスピードアップします
ぶるんぶるんと今までにないくらいおっぱいが揺れて陽子さんの表情も乱れてます。

「あ・・あ・・うう!気持ちいい!陽子さん・・・」
うねうねと動いて亀頭を愛撫してくる膣内。
気を抜くといっちゃうそうです。
ざーめんが潤滑油になっていて
「あぁぁぁ…いいわ!あ、あぁぁっ、もっと、もっと突いて!…もっとしてっ!あ、あ、あ、あぁ!あぁぁぁぁ!もっと奥に!子宮を激しくついて!」

私は夢中で腰を振りました。
うねうねと陽子さんの膣がしめつくてる
「うう!やばい!で・・・・」
「いいよ!我慢しないで!また中にだして!」
だめだ!もっと陽子さんを感じさせたい!
私は、陽子さんの豊乳を揉みながら激しく振りました、
「あぁぁぁぁ!大輝くん!それいいぃっ!あんっ!あぁぁぁっ、ん、ん、ん…」
しかし、やはり限界でした。
陽子さんのマンコはますますぬるぬるになっていって包み込む

「俺もう。。。でちゃうよ!もうだめ!」
「あたしもいっちゃう!いっしょに!いこ!出すときは奥まで!子宮の中にお願い!」
そういうと陽子さんはしがみついたきた。

「いくよ!出すよ!陽子さんのマンコにいっぱい!精子出すよ!」
私は出す瞬間に一番奥までつきました。

「あ、あ、あ、あ、あっ、そこよ!子宮に熱くて濃い精子だして!私もっ!私もいくっ、いっちゃう!いくぅぅぅぅっ!、いっっちゃうの!ふあああ!あ、あっ!あぁぁぁぁぁっ、いぃぃっ、あぁぁぁぁぁぁぁーっ!!

陽子さんが絶叫して
そして膣内が激しく伸縮して亀頭を包み込んできました。
「あああ!陽子さん!き、気持ちい!あ!ぐ!!!で・・・でるーーー!
今までにない締め付けと気持ちよさに4回目とは思えない勢いで子宮に熱い精子を発射しました
びくんびくんといいながら放出してるのがわかりました。

「ああああ!中でチンコが暴れてる!子宮が精子で叩かれる!中が熱い!どろどろしてる!あああああ!」
びゅくびゅくん!びくびく!
膣内に包み込まれているという感覚と濃厚な熱い精子を出されているという感覚がシンクロしているのかお互いぴくぴくしてます。
「ああ!うう!気持ちいい!陽子さん!」

私もあまりの気持ちよさに脱力して陽子さんにもたれかかりました。
お互いはあはあ言ってました。
気がつくと汗だくでしばらく抱き合って休みました。

アフィリエイト