長身のアラフォーキャリアウーマンの足コキ

これ言うの三度目ですが自分は塾専です。
自慢ではありませんが関係を持った女性は二桁を余裕で超えておりますがほとんどが熟女が相手です。
熟女を選ぶ理由は淫乱だってことです。

ぶっちゃけ簡単にやれます。
自分はルックスや良くないですし、熟女にハマるまでは数えるほどしかやったことがありません。
はっきりいって自分は持てないと思います。

そんな自分でも熟女は相手にしてくれる。
なんといってもエロテクがすごい。
今回は41歳の自称キャリアウーマンとアポが取れました。

勤めている会社では女役員。
それでもって独身。
結構男性から敬遠されるそうな。

待ち合わせは夕方。
東京の某駅で待ちあわせをするとなんとまあ背の高いきれいなお姉さんタイプでした。
なかなかの美人。

お店は彼女の方が予約してくれてなかなか高い店です。
年収は1000万円を超えていてお金は気にしないでと
おしゃれな店で個室です。

最初は仕事の話とかしましたが彼女の仕事の話はスケールが大きい。
とてもついていけませんでした。
途中で恋話にいきました。

自分は「あなたみたいな人がもてないってうそじゃないですか?」
すると「相手が寄り付かないのよ。性格が性格だし、あっちのほうもね」
あっちの方ってえっちのことだよね?

そんなこんなでホテルへ行くことにしました。
ホテルも彼女が予約。
着くなりキスをしてそしてなんと彼女は私の股間をさすってきました

「もう大きくなってるね!気が早いよ!」
「いや・・いきなりだし・・・」
そして全裸になるように命じられてそのまま横に・・・・

するとストッキングはいたまま足コキをはじめました。
「気持ちいい?」
足コキははじめてでストッキングが擦れてかなりやばい。

つかS女だな・・・・・
彼女の足コキは激しくなって「出しなさい!我慢しないで出しちゃいなさい!!」
撃沈・・・・・

ざーめんが飛び散って彼女のストッキングにかかりました。
「あーあ!これ洗わないとだめじゃん!」
発射させたのはあんただろとツッコミたくなりました。

そしてシャワーを浴びた後に本格的なプレイを開始。
今度はいきなりフェラ。
彼女は私の手を押さえつけて仁王立ちフェラです。

奥へ奥へと吸引するディープスロート。
がっぽがっぽといやらしい音がします。
こりゃあやばい!

いきそうになることを告げると。
「だめ!今度は私の!」
彼女のあそこをなめました。

時折指も使って
「ああ!いい!気持ちいい!」
感度も意外といいみたい。

今度は自分が我慢できなくなりました・
熟女だから生でいいよね。
一応聞いたら「ゴムなんかいらないわ!生でお願い!」

なんと彼女は自分が入れる前に乗ってきました。
まじか!
そしてちんこが生のマンコに飲み込まれていく

「あああ!入った!き、気持ちいいよお!」
かなりご無沙汰みたいで彼女はいきなり激しく腰を振ってきます。
こりゃあやばい!
彼女は喘ぎなら腰を振ります。
自分も負けじと下から腰を振る。
そのうち限界きて

「もういきそうです!」
「あたしも!中で出しなさい!」
なんて淫乱だと思いなら渾身の力で突き上げて中出ししました。

「い・・・すっごい!暖かい!どくどくいってる!」
彼女は腰を振ってさらに絞り出そうとします。
その動きがさらにざーめんを放出させました。

それからまた3回戦しました。
常に彼女主導って感じでしたね。
一番印象に残ったのはやはり足コキ。

彼女が結婚できないのってやっぱりちょっと女王様体質のところですかね。
食べられた感じです。
やっぱり熟女はやめられません。

アフィリエイト