Author Archives: kenji

おたくの聖地のカフェ店員ギャル

ギャルと出会った体験談です。
名前:ナオ(仮名)
年齢:20歳
特徴:茶髪でちょっと黒いギャル
スタイル:やや痩せ型
出会えたサイト:ハッピーメール

ハッピーメールというサイトで出会いました。
写真は公開していました。
プリクラなので原型がわかりません。

印象としてはバカそうだなと
なんせ日本一高い山が高尾山というくらいです。
高尾山は登山者数が1位というだけ

そしたらおじさん物知りだねって
登山者数はともかく高い山は富士山だろと
でも、こういう子の方がひっかけやすいかなと思いました。
やりとりを何回かしていくうちに会おうってことにしましたよ。

悪い子じゃなさそうだし・・・・
待ち合わせは東京秋葉原。
ヨドバシの前で待ち合わせ。

最初は近くのカフェに入りました。
印象は写真よりは可愛いかなと。
メイクでごまかしてる感は否めないですけどね。

カフェで話をしているとやけに接客を気にしているので聞いてみたら自分もカフェでバイトしているそうな。
高卒でずっとアルバイトだそうです。

就職先紹介してよーと言われてけどそんなのあるわけない。
いやあ俺のつては年寄り多いしなあとごまかしておきました。
話してみると痛い服装はしていないし、メイクもそれほどどぎつくない。

頭は弱そうだがいい子。
今度カフェにおいでよというので店の名前聞いてぐぐってみたらオタク系のカフェだった。
ギャルっぽいのもいるんだなと

マッサージ得意なんだーしてあげるよ!
えええ!ここで?と思ったら指のマッサージだった。
うまいね!そっち系目指してみたら?

と褒めたら喜んでくれて「学校いかないとなあ」
そんな具合で話は弾みました。
その日はホテルへと行きませんでした。

普通にばいばい
次回あったときに無事セックスができました。
若いだけあって気持ち良かったです。

アフィリエイト

色気ばつぐんの弁護士志望の子

ここのところずっと人妻ばかりなのでたまには若い子に行きたいと思いました。
そこで今回は学生にしようと思いました。
若い子ってのは競争激しいからアポ厳しかったです。

苦戦はしましたがなんとか一人アポを取りつけました。
年齢は20歳。
若いです。

その時はまだ女子大生という情報しかありませんでした。
写真はちょっとぼやけていてわからなかったです。
ちょっと子供っぽいかなという印象はありましたが・・・・

待ち合わせに現れた彼女を見てびっくり。
想像よりかなり大人っぽい。
押切もえタイプです。

最初はちょっとファミレスでお茶をしました。
なんと彼女は弁護士志望で法科大学へ通っているとのこと。
通りで話し方がおとびているなと思ってました。

外見は言葉悪いですがビッチっぽい
出会い系を利用している時点でビッチだと思う。
彼女も彼女で勉強ばかりでストレス溜まるから出会い系で発散ということです。

「今日行くんですよね??」と聞いてきました。
「もちろん!」
「よかった!ドン引きされたのかと思いました」

もちろん行くってのはホテルってことです。
彼女は見た目が押切もえですがスタイルもそうです。背が高い。

胸もCカップくらいはありそうです。
ホテルへ着くと「実は大人の方とするのってはじめてなんです!優しくしてくださいね!」
それを聞いて火がつきました。

大人のテクをみせつけてやろうやないか!
って俺も20代なんだが老けて見られたか!
見た目はビッチなのに純情そう。

キスをした後にパンティーの方にやったのですがちょっと上からこすっただけで感じてます。
「あ・・あん・・・」
かわいいやん!!

さすがにシャワーなしは失礼だと思うのでいったんそこでやめ。
シャワーを浴びたあとはまずはフェラテクをチェックってことでしゃぶらせました。
そこそこの経験はあるみたいでなかなかのもの。

だけど速射まではいかない。
今度はこっちがテクを・・・
彼女のあそこをなめ回しました。

彼女は体をよじらせて感じてます。
舌ですくっても出てくる愛液。
今度は指で攻めました。

どんどんぐちょぐちょになって

「あ!あ!なにこれ・・・あああ!!」
びしゅーーーと潮吹きです。
彼女はぴくぴくとなっていました・

「ひょっとして潮吹きはじめてだった???」
「はい・・・すっごい気持ちよかったです」
「そろそろ入れるよ???これつけさせて?」
ゴムを用意して彼女に装着してもらいました。

相手は学生なのでゴムはつける。
入った瞬間から彼女は強く感じてます。
体をよじらせたり、口をぱくぱくさせたりしてます。

若いだけあってよく締まります。
それによく濡れる。
ゴムつきなのにかなり気持ちいい。

「あ!あ!きちゃいます!!!」
「俺も!!!でる!!!」
同時にいきました。

たまには若い子とするのもいいなあと思いました。
そのあとはまったりともう一発して別れました。

アフィリエイト

とても不倫するタイプに見えないがしかし・・・

自分は結構出会い系で人妻と出会っています。
罪悪感がないわけじゃないのですが人妻の方がテクニックがすごいのですね。
やはり気持ち良さが違います。

今回も当然ごとく、人妻とアポが取れました。
27歳と比較的若いです。
最初にあったイメージは黒髪で色白に上品な言葉遣い。

育ちが良さそうでとても不倫をするタイプには見えませんでした。
知っている人はショックを受けそうですね。
ホテルへ行く前に軽く飲みました。

お酒が強く、シラフの時と変わらない。
酔っ払ったらエッチになるのかなと思いましたがちょっとがっかり・・・・
ここで私は酔った振りをしました。

うまくホテルへごぎつけました。
そこまでしなくても大丈夫だったと思いますが・・・
ホテルへいって彼女の裸を見ると予想以上にきれいでした。

透き通るような白い肌、きれいな乳首、さらさらの黒髪。
それを見ていただけでギンギンになりました。
すると彼女は「まだしてないのに・・・こんなに・・」とトロンした目でいきなりフェラをおっぱじめました。

さお全体に丁寧に舐め回してきて「ぴくぴくいってますね!そんなにいい?」
「そりゃああなたみたいなきれいなお方にされたら」
「本当?じゃあもっと気持ち良くしてあげますね!」といって本格的に口の奥まで含んできました。

じゅぷじゅぷといやらしい音を立ててきてさすが人妻。
見た目と違うテクニックにいきそうになりました。
それを告げると「まだだめですよ!これからなんですから!今度は気持ち良くしてください

あそこはすでにびしゃびしゃでびらびらを広げて舐め回しました。
彼女はすごいびくびくしながらあえぎました。
愛液がどんどん溢れてきます。

今度はそのきれいな乳首を舐めると同時に指で攻めました。
するとあ!あ!いくうう!といって透明な液体が吹き出しました。
「もう我慢できないです!いれてください!」
「ゴムは???」
「ごめんなさい!つけてください」

生はだめか・・・・でもいいや
挿入するなりいきなりでかいあえぎ声です。
「乳首もいじってください!」

彼女のリクエストに答えて腰を動かすと同時に乳首を両手で転がしました。
すると「ああ!それ!いくいく!!」とびくっとなってぐったりしました。
「今度は上になりますね!」と騎乗位へ

彼女の腰の動きはものすごくて今度はこっちが!
このままじゃやばい!また乳首をいじると声が大きく。
今度は一緒にいくことができました。

外見は清楚ではやっぱり人妻。
この人は乳首を同時に攻められるといきやすいとわかりました。
まるでスイッチです^^

アフィリエイト

« Older Entries