26歳の保険会社の子と野外セックス

自分は出会い系でセフレを探すときは結構偏っていますね
熟女が多ければ、若い子も多い。
そろそろちょうどいい年齢がいいなと思いました。

ガキっぽくなく、熟してもいない。
ちょうどいいのがやはり25歳前後ですね。
なるべくなら離婚歴のない人がいい。

そういう人ってあんまり出会い系登録していないのですね。
並行して探していてようやくアポが取れました。
保険会社に勤めているOLだそうです。

会ってみると割と綺麗目です。
スタイルもなかなかいいです。
巨乳というわけではないですが均整が取れています。

まずは、最初に飲みにいきました。
2時間飲み放題で彼女はかなり酔いが回りましたね。
公園で休もうということでベンチで休みました。

自分はあまり酔ってません。
彼女が寄りかかってきたのでそこでキス。
人目が気になりましたがまあ時間からしてそのほど人が通らないので問題ないです。

そのうちに舌を絡めてきました。
もうやるしかないだろと「ホテルへ行こうか?」と誘いました。
すると「我慢できない。ここでしたい!」。

いやいやさすがにまずいだろと思いましたが青姦というのに興味がありました。
でもさすがにベンチはまずい・・・
すると公園内に大きな建物があります。

彼女を引っ張って連れて行くと人はいません。
うまい具合に死角になっていました。
建物も電気が消えていてる。

ここですることに決めました。
彼女を壁に押し付けてキス。
舌を絡めながら手は胸の方へ

そしてボタンを外してそこの部分から手を入れて乳首をこりこりしました。
すると「は、はん!・・・」と感じ始めました。
乳首も舐めてといってきました。

人来るかもよ?というと「見てるから大丈夫・・・それにその方が興奮する」
なんてインランだと思いました。
服をブラごとめくって乳首を舐めたり、吸ったりしました。
「あ!ん!ん!気持ちいい!」

そうなると止まらない。
自分は彼女のパンティーに手をいれてクリトリスをこりこりしました。
「あああ!そこ!そんなしたら濡れちゃうよ!汚れちゃう!」
そういうのでパンティーをおろしました。

そしてあそこを舐めました。
すごい湿ってる。
音を立ててじゅるじゅると・・・・

「あ!やだ!もう我慢できないよ!あなたばっかりずるい!」
そういうと今度は私のズボンのチャックをおろしてしゃぶりはじめました。
攻守交代。

野外での仁王立ちフェラはかなり興奮します。
酔っているせいなのか、彼女の口の中は暖かくかなり気持ちいです。
そろそろ入れたい。

そしてコンドームを財布から出そうとすると「ピル飲んでるから生でしていいよ!」
まじかよ!
でも、興奮状態で理性は飛んでました。

彼女をバックの状態にして後ろから入れました。
口と同様によっているせいなのか彼女のあそこは熱い。
それでもってぬるぬるしています。

夢中で自分はぱこぱこしました。
動くたびに彼女のあえぎはすごくなっていく!
最初は「あ!あ!」だったのが

「あはーーー!」と激しいものに
人に見られるかもしれないというスリルが一層興奮を誘いました。
彼女はなんどかいっていて自分もそろそろ行きたいので「もういってもいい?というと

「前からがいい!最後は顔を見ながらしたいの!」
今度は彼女をこっち向かせて片足をあげさせて前から挿入!
彼女の喘ぎはいっそう激しくなってバックのときより激しくしました。

そして限界がきて「いくよ!中にだしちゃうからね!」
「きて!はやく!はやく中にだして!我慢できない!きてええ!」
その言葉を聞いて一気に弾けましした。

彼女のあそこは私の愚息を包み込んでいて自分でもどくどくいっているのがわかりました。
「ああ!すっごいざーめんあつい!」
彼女もビクビクしながら抱きついてきました。

すっげえ量が出た気がします。
抜くとザーメンが垂れて彼女の太ももと地面を汚しました。
こりゃあ朝人が通ったらここでやったとわかるぞ。

念のためペットボトルの水で流しました。
しばらく公園でまたらぶらぶしました。
もう一回戦しましたが彼女は気持ちよすぎてもう力がでないそうです。

いやいやとんでもないスケベ女でしたよ。

アフィリエイト